2008年08月28日

いまや恒例となった(?!)K家の極上イタリアンランチで贅沢に暑気払い

食べるために生きている・・・、食べることが大好きな私junがおいしいものを紹介します。

ほんとに、最初はまたいただけるなんて思ってないんです。

ただ、ご夫婦のイタリア旅行のお話を聞いたり、積もるハナシをしにうかがうだけのつもりなんです。。。

でも、いざお宅にうかがうと、ものすごいおもてなしが私を迎えてくれるんですあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)

ほんとうに感謝です。

ストレスをためこんでた私にとって、ここでのランチは最高の息抜きなのです。

感謝の気持ちいっぱいで、紹介させていただきますぴかぴか(新しい)


まずは手作りトマトジュースで迎えてくれました。
ご両親の畑でとれた新鮮トマトの自然な甘みで、暑さが吹っ飛びましたよぴかぴか(新しい)

くさかべトマトジュース.jpg

こちらは「桃と生ハムのカッペリーニ」です!
このさわやかさはなになに?!…と思ったらライムの清涼感。
ほんと、新しいおいしさです。

くさかべ桃生ハム.jpg

こちらも夏にぴったり、「クスクスとイカ・サーモン・茄子のピューレ トマトのクレマ」です!
クスクス、大好きになりました。
奥がクスクス、手前は茄子のピューレが下にしいてあります。
これがまた、さっぱりさわやかで、イカとサーモンと相性ぴったりるんるん 最高の組み合わせ。

くさかべクスクスナス.jpg

ここで登場、私の大好きな「じゃがいもと枝豆のジェノベーゼスパゲッティ」。
ここでいただくまであんまり食べたことのなかったジェノベーゼ。
K家のおかげで大好物になりました!

しかも奥様の大好物のじゃがいも。
うちの冷蔵庫にいつまでも眠ってることの多かったじゃがいもも、今では食卓に上ることが多くなりました。
特にジェノベーゼにはじゃがいもが欠かせませんー(長音記号1)

くさかべジェノベーゼ.jpg

次は、「ゼッポリーネ」。
私は見るのも聞くのも初めてでした!
お二人が今回訪れたナポリではおなじみの、海藻入り揚げパンのようなものらしいです。
青のりがとってもマッチして、おいしい!
ビールのおつまみにぴったりなことうけあい!

くさかべゼッポリーニ.jpg

メインは「豚肉のゴルゴンゾーラソース ゴーヤと玉ねぎサラダ」です!
いや〜〜〜、豚肉はとっても柔らかくて、ソースとぴったり。
ゴルゴンゾーラソース、クセになりそう。ほんと大好きです!

くさかべ豚.jpg

角度を変えて裏から写真とってみました!
茄子も忘れてはいけません。
豚肉に合いますよぉ〜〜〜揺れるハート

くさかべ豚なす側.jpg

これだけ食べ続けた私。
ここで、お母さんの手作りの「中華ちまき」があるというのです。
いただかない手はない!
一度は躊躇するフリをしてみましたが、結局、ふたついただきました。
これ、絶品ですよぴかぴか(新しい)

くさかべちまき.jpg

くさかべちまき中.jpg

デザートのすいか。
すいかもシェフの手にかかると、こんなに食べやすく美しくサーブされるのです。
うちでこんな切り方したことない…あせあせ(飛び散る汗)

くさかべすいか.jpg

いや〜〜〜〜、ほんと楽しいでしょう!!!
見てるだけでも楽しいでしょ、このお料理の数々。
それが、目の前に次々出されるんですよ!
もうほんと感激です。

しかも、お土産たくさん頂いて帰りました。
ベランダのバジルや大葉、ご両親の畑のすいか、今日いただいたスパゲッティを袋で、それからなんとジェノベーゼソースをいただいちゃいました〜〜〜!
このソース、もう我慢できなくて、翌日、インゲンを買ってきて、
じゃがいもとインゲンのジェノベーゼスパゲッティにして食べてしまいました!!!

自分ジェノベーゼ.jpg

さらにマルゲリータのピザを焼いてバジルも堪能しました!
(これは焼く前の写真。ちょっと焼きすぎてしまったので、焼く前の写真にしましたたらーっ(汗)

マルゲリータ焼く前.jpg

自慢のようになってしまいましたが、ほんとおいしいものに囲まれた日々って幸せです♪








posted by jun at 23:42| Comment(2) | TrackBack(0) | イタリアン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月09日

K氏のイタリアンパセリバター

食べるために生きている・・・、食べることが大好きな私junがおいしいものを紹介します。

当ブログですっかりおなじみの、もはや私の専属シェフ(うそです…あせあせ(飛び散る汗)すみません)であるK氏のお手製イタリアンパセリバターをいただきました。

なんと、奥様(っていうかNちゃん)がお父さんが畑で作ったお野菜をたっぷり持って、来てくれたのですぴかぴか(新しい)

しかも、休日、バタバタしてひどいカッコしてるであろう私に気を使ってくれたようで、玄関先に野菜とこのパセリバターを置いて行ってくれました。
このお気遣い、感謝です黒ハート

たくさんの新鮮な野菜もさることながら、このパセリバター、絶品なのですハートたち(複数ハート)
あ、…正確には絶品でした(過去)と言ったほうがいいかな。

あっという間に消費してしまいましたからあせあせ(飛び散る汗)

日下部パセリバター.jpg

2つ頂いたのですが、あまりに早くなくなってしまって、2つ目で慌てて写真とることを思い出したくらい…!

しかも、写真撮る前に、思わず、バターナイフですくってしまいました…たらーっ(汗)

これ、ガーリックがきいて、塩分がほどよくきいてて、もうパンがとまらないんです。

ちなみに、このバターを堪能するためにシンプルなパンを焼いて、食べました。
名づけて「ハイジのパン」。

ハイジパン.jpg

あとは、Nちゃんにおすすめされたジャガイモとのコラボ。
これも最高でした。

蒸したてのほくほくのじゃがいもを少し崩して、このイタリアンパセリバターをのせて、とろけたところを食べるのですぴかぴか(新しい)

うわぁ〜〜、思い出しただけでもよだれが…たらーっ(汗)

K夫妻。
いつもいつも本当にありがとうございます。
食べることしか頭の中にない私にとって、こうやっておいしいものを教えてもらうことが最高に楽しくて幸せなんですっハートたち(複数ハート)

posted by jun at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | イタリアン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月13日

恒例の贅沢なおよばれで堪能するイタリアン  K家のイタリアンランチ

食べるために生きている・・・、食べることが大好きな私junがおいしいものを紹介します。

毎度毎度、ほんとに贅沢なおもてなしで迎えてくださるK夫妻。

いつもいつも、ものすごい贅沢なお料理、ランチにいただくのですよぴかぴか(新しい) ディナーでなく!

今回も、満腹になっておいとましたのが夜三日月

ご主人に食材のこととか料理のこととか、いろいろ貴重なはなしを教えてもらえるのも楽しくてしょうがありません!

この、おいしくて楽しいひととき。
何日も前から楽しみにしちゃって、前日は眠れないほど。
遠足か…?!

それではお料理を紹介します。

左から、

わかさぎのエスカベッシュ
京菜のキッシュ
海老とアボカドのマヨネーズ和え


日下部3種前菜.jpg
今回のキッシュも奥様のお手製。
奥様のお父さんが畑で作った京菜が入ってます。

実は、キッシュ、お土産でいただいて帰り、次の日の朝食にしましたが、ほんとにおいしいんです。
彼女の田舎風パテの大ファンの私ですが、このキッシュも大好きになりました。

ブイヤベース

日下部ブイヤベース.jpg

見るからに贅沢なブイヤベース。
大好きな海老が並んだその下には、ムール貝やめばるや鱈に、かぶ、キャベツ、にんじんなど畑のお野菜がぎっしり。

日下部ブイヤベースアップ.jpg

魚介のダシが野菜によ〜〜くしみて、あたたまりまするんるん
贅沢な冬のご馳走です!

骨付き鶏肉のコンフィ フォンドボーと粒マスタードのソース

日下部コンフィ.jpg

こちらはなんと、5日前にマリネして、4日前から火を入れてじっくり油で煮たそうです。
4日前にメールしたとき、K家の中はコンフィの香りがただよってる〜、って言ってましたぴかぴか(新しい)
そんなに手がこんでるだけあって、香ばしい皮が最高でした揺れるハート
毎度おなじみ、お父さんの畑のちりめんキャベツとベーコンとレンズ豆の上に鶏肉がのってます。

日下部コンフィアップ.jpg

すでに日が暮れて、お腹ははちきれんばかりだったけど、
食いしん坊の私のために、作ってくれたのはこちら。

ブロッコリーのオレキエッテ

日下部パスタ.jpg

これも絶品ー(長音記号1)! 
お腹いっぱいだったはずなのに、なんでこんなに食べられちゃうの?というくらい、とまらないパスタ。
このブロッコリーがまたほんのり甘みがあって、すごくクリーミーに。
この料理も忘れられない味となりました。
ブロッコリーもちろんお父さんの畑のもの。

お土産に、無農薬のおいしいお野菜をたっぷりいただいて帰りました。
安心でおいしい最高のお野菜です。
翌日、さっそくスープにしたら、どれも甘くて野菜本来の味を楽しめました。

こちらはバローナという最高級チョコレート。
65%ピュアカライブです。
バローナを使ったケーキは食べたことがあったけど、
もとのものは初めて! かけらをいただきました。
少し酸味が感じられてさすが最高級!という感じ。
日下部バローナ.jpg

すっかりリラックスして、おいしいお料理に舌鼓をうち、ほんとに幸せな1日となりました。
日ごろのストレス(ストレスなんてあったっけ…?)なんていっぺんにふっとぶ、居心地のいい1日となりました。

ほんと、ありがたいですぴかぴか(新しい)

そして、最後に、無農薬のお野菜などのいい食材に恵まれ、それを二人で料理して、一緒にワインを楽しむ…そんな理想の夫婦を私はとってもうらやましく思います。

私にもいつかそういう伴侶が見つかりますように…。
…あ、来世に期待しますあせあせ(飛び散る汗)



BELIVA-120・60.gif


posted by jun at 14:59| Comment(0) | TrackBack(0) | イタリアン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月10日

ホームパーティでクリスマス

食べるために生きている・・・、食べることが大好きな私junがおいしいものを紹介します。


FOODHOLIC生活に何度も登場していただいている、K夫妻。
ご主人がお店を休めないということでいらっしゃらない中、奥様がポットラッククリスマスパーティを企画してくれました。

ポットラックって言っても奥様がたくさんおもてなししてくれましたよ!

私が頼まれたのは、パン。
くるみレーズンパンとローズマリーのフォカッチャを焼いていっただけで、楽をさせていただきました!

Cちゃん夫妻は飲み物とケーキ担当でした。

わたしは彼女の作るこれが大好き!
サーモンとアボカドのタルタル。
これを最初に食べると、すごい盛り上がる〜〜〜ぴかぴか(新しい)
直子タルタル.jpg

りんごとくるみとマッシュルームとチーズの入ったサラダ。
たくさんいただきました!
直子サラダ.jpg

キッシュ。こんなの作っておもてなしできたらほんとに素敵るんるん
直子キッシュ.jpg

これはご主人が1週間(たしかこれくらい?)仕込みをしたホホ肉の赤ワイン煮。
私の大好物ですぴかぴか(新しい) お店じゃ食べられないくらいたっぷりサーブしてもらいました〜〜揺れるハート
これが、今思い出しても食べたくてたまらない、絶品でした。
じゃがいもを添えていただくと、いっそうおいしい。
直子ホホ肉.jpg

直子じゃが.jpg

Cちゃんの地元で買ってきてくれたラ・ヴィエイユ・フランスのケーキ。
お台場に支店があるというここのケーキは繊細でどれもおいしそうでした。
わたしはもちろんチョコのをいただきました。
千春ケーキ.jpg



posted by jun at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | イタリアン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月02日

食欲の秋を堪能!おもてなしも最高のイタリアンランチ!

食べるために生きている・・・、食べることが大好きな私junがおいしいものを紹介します。

秋と言えば、月見バーガー…満月じゃなくて、おいしいイタリアンるんるん

…ということで、食欲の秋においしいものをたくさん食べに来てね、とK夫妻からパーティの招待状をいただきましたぴかぴか(新しい)

サプライズで届いた招待状。
あまりに素敵で大感激ぴかぴか(新しい)

しかも、おいしい本格イタリアンをごちそうになれるとあって、何日も前から、楽しみで楽しみで眠れませんでした〜あせあせ(飛び散る汗)

K夫妻には過去にも、お世話になってます。 ↓↓↓
http://foodholic.seesaa.net/article/12501038.html
(2006年1月30日記事 「有名イタリアンの料理人が作る休日ランチとは…?」)

http://foodholic.seesaa.net/article/5102601.html
(2005年7月15日記事 「おうちイタリアン」)

引っ越して1年経った新居にお邪魔すると、玄関のドアにはなんと手作りのウェルカムボードが…。
そのボードは食卓に飾られました。

なんて素敵なおもてなし黒ハート
{[hP.jpg

このウェルカムボード、いただいて帰りました。
リビングのテレビの上に飾ってあります。

そして、こちらは違うバージョン。
窓際に飾ってありました。
{[h2.jpg

テーブルの上には、本日のメニューが。
もう楽しみで、一気に気持ちは盛り上がりますハートたち(複数ハート)
日下部メニュー.jpg

シャンパンで乾杯をして、まず一品目。
「海の幸と畑の恵のジュレ」
見た目にも美しく、涼しげなジュレは、まるで真夏日だったその日の暑さをふきとばしてくれました。
日下部ジュレ.jpg

次は「田舎風パテと小さなサラダ」
こちらのパテは奥様のオリジナルレシピだそう。
お肉の配分をいろいろ変えて、この味にたどりついたというパテは、絶妙のおいしさ。
柚子こしょうでいただきます。これ、すごくいけます。
大ファンになってしまいました揺れるハート
日下部パテ.jpg

「秋刀魚と秋茄子とトマトのミルフィーユ仕立て バルサミコ酢とふきのとうソース」

ガーリックの香りが食欲をそそります。
ふきのとうソースもとっても贅沢ぴかぴか(新しい)
日下部秋刀魚.jpg

「摘みたてバジルのジェノベーゼリングイネ」
新鮮なじゃがいもといんげんが、お庭で摘んだバジルのソースとからんで贅沢な一品です。

日下部パスタ.jpg

「ルビーグレープフルーツのグラニテ」
こちらも奥様が作りました。とってもさわやか。

日下部グラニテ.jpg

「フランス産鶉(うずら)の茸詰め 栗のリゾットを添えて」
こちらは私の大好きな鶉料理。
特別に発注してくださった鶉です。
こんな大きな鶉、普通食べられませんよ〜っ。
しかも、鶉ってハレの日に食べるものだと思いませんかexclamation&question 
そして栗のリゾットも、ひとくち食べれば幸せになる味。

日下部鶉.jpg

中には茸がたっぷり詰まっていて、ほんとに贅沢としかいいようがありません…ぴかぴか(新しい)
日下部鶉アップ.jpg

「ミントティー」
こちらもお庭でとれたスペアミントとペパーミントとレモンバームを合わせたミントティー。さっぱりさわやか。
日下部ミント.jpg

日下部カップ.jpg

味もさることながら、日当たりが良くて眺めの良いダイニングでいただくイタリアンのおもてなしは、最高に楽しめました。

ひさしぶりにゆっくりのんびり、おいしいものを堪能できた、素敵な休日をありがとうございました。

K夫妻の招待されると、料理をもっとがんばろう!ウチも掃除してきれいにしよう!といつも思ってしまうんですダッシュ(走り出すさま)


キッチン雑貨のお店「お買い物HOLIC」開店しました!
私のセレクトした可愛くて機能的な商品がたくさん!
是非のぞいてみてねぴかぴか(新しい)
↓↓↓↓↓


【SALUS】パエリア鍋 ・・・【SALUS】パエリア鍋 鉄(22cm)
使い勝手のいいツールを揃えれば、クッキングの実力がアップしそうです。
販売価格:2,310円(税込)カートに入れる
posted by jun at 18:30| Comment(0) | TrackBack(0) | イタリアン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月09日

これ、ファミレスでしょ?お手ごろ価格でしかもイケる!               「グラッチェガーデンズ」

食べるために生きている・・・、食べることが大好きな私junがおいしいものを紹介します。


ファミリーレストランの料理は意外とあなどれない。

夢庵なんてものすごく安くて、昔よりもおいしいものが増えているし、
デニーズのDEVIL'Sチョコレートサンデーは何度食べてもやめられないるんるん

それに、バーミヤンの安さたるや、すごいよ。
ヘタな無名の中華料理屋なんかより全然イイ。
餃子なんて5個189円で十分おいしいしるんるん

ただ、安楽亭…。
あれはダメだよ〜。
10数年前に行ったことがあり、そのまずさにがっかりしていたが、
近年の焼肉チェーンのめざましい発展にともなって(牛角とかね)
さすがに向上してるだろうと行ってみたのだが、ダメ
食べられるものが何もないんだから。
肉はもちろんのこと、キムチにごはんすらまずい。

ファミリー向けをターゲットにしたチラシが新聞に入っているのを見るが、
子供にはよくても親はあんなんでいいんだろうかむかっ(怒り)

…安楽亭はさておき。

グラッチェガーデンズなるイタリア料理のファミレスに行ってきました。

たまたま、ホント何にも期待せずに入ったのだ。
駐車場がどこもいっぱいで、ここを通りかかったらスペースがあいてそうだった…。
ただそれだけで。

メニューを見ると、わりと興味をひくイタリア料理がいっぱいぴかぴか(新しい)

しかも安いexclamation

パスタなんてLサイズにすると、すごいボリュームらしいぴかぴか(新しい)

私は、メニューをめくりながら食べたいもの見つけちゃいました〜黒ハート

ゴルゴンゾーラのピッツア(蜂蜜添え)税込み714円。
ゴルゴンゾーラ大好き〜ハートたち(複数ハート)
しかも以前、エノテーカピンキオーリにて味わってしまった
チーズと蜂蜜を思い出させるメニューではないの!

http://foodholic.seesaa.net/article/17061353.html
(参考:エノテーカピンキオーリの記事)

グラッチェガーデン ピザ.jpg

しかもこのピザ、ゴルゴンゾーラ、ゴーダ、サムソー、モッツアレラの4種のチーズが入っているのですぴかぴか(新しい)

グラッチェガーデンピザアップ.jpg
蜂蜜と食べるとデザートみたい〜〜るんるん

それから、イタ飯シーフード税込み819円。
パエリアですね。
パエリアってスペインだから「イタ飯」って言ってるんでしょう。
自分でも簡易パエリア、よく作るけど、これはなかなか手がこんでいてお徳でおいしいのだ。
グラッチェガーデンイタ飯.jpg

ちょっと見直しちゃいましたるんるん




【限定:8月末まで】100%ホーディア(ホーディア)ゴルドニーを使用した「ブッシュマンダイエット」は食べ過ぎを抑えて少量で充分な満腹・満足感を得られます。 *この料率は8月31日迄限定です。





posted by jun at 16:55| Comment(16) | TrackBack(0) | イタリアン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月26日

海を眺めながら贅沢でおいしいイタリアンを食べるなら絶対ここ! 「カンティネッタ エノテーカピンキオーリ」台場

食べるために生きている・・・、食べることが大好きな私junがおいしいものを紹介します。

このブログにも何度か登場した(1月30日、7月15日参照)イタリアンレストランの料理人であるご主人とその奥さまは、当「FOODHOLIC生活」の熱烈読者でもいらっしゃいます揺れるハート
ほんと、ありがたいですあせあせ(飛び散る汗)

実はこのご主人がお勤めなのは、ここカンティネッタ エノテーカピンキオーリだったのですぴかぴか(新しい)

ひさびさに奥さまとふたりで、アラカルトでたくさん満喫してきました。

しかし、自分の旦那が作る絶品料理を、レストランで食べられるなんて、そうそうないくらいのうらやましさハートたち(複数ハート)

私だったら、すっごい自慢しまくっちゃう〜〜〜手(チョキ)

ここへ来ると、お魚もお肉もパスタもデザートもほんとにみんなおいしくて楽しくて、たくさん食べられちゃうんです。

大きな窓から見渡せる景色も良くて、実は私の一番好きな場所かもしれませんぴかぴか(新しい)

誕生日や記念日を祝ったりするだけでなく、プロポーズの場所にこのお店を使う方もいるそう黒ハート そりゃあロマンティックでしょうねぇー(長音記号1)


まずは食前の一皿。
カンティネッタ前菜.jpg

こちらはあなごとフォアグラのミルフィーユ仕立て

想像つきますか? あなごの香ばしさと濃厚にとろけるフォアグラがかもしだす素晴らしいハーモニーぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい) 最高ですexclamation
カンティネッタうなぎとフォアグラ.jpg

こちらはご主人が形成したという小鯛の塩釜焼き
もう、最高に可愛いお魚です揺れるハート
カンティネッタ塩釜焼き.jpg

塩釜を叩いて出てきた小鯛を切り分けていただきました。横にはふきのとうが。とっても手がこんでるだけあって、繊細なおいしさが楽しめます。
カンティネッタ塩釜焼きとふきのとう.jpg

自家製スパゲッティ ホワイトアスパラガス添え 半熟卵とペコリーノチーズを最後に和えて
とろける名古屋コーチンの温泉卵の黄身をからめて、幸せぴかぴか(新しい)
カンティネッタパスタ.jpg

私の選んだお肉は宮崎産牛ロース肉の炭火焼き
もちろん柔らかくて大満足です…。
カンティネッタ牛ロース.jpg

彼女は仔羊の炭火焼を。
カンティネッタ羊.jpg

おなかいっぱいになったところでチーズのテーブルが。
好きなものを選びます。
カンティネッタチーズテーブル2.jpg

私は、ブルーチーズとマスカルポーネを重ねたものと、黒トリュフ入りのチーズを。これらはマカダミアナッツを漬けた蜂蜜と一緒にいただきます。
これがexclamation 本当に、ブルーチーズと甘い蜂蜜はクセになっちゃいます!
カンティネッタチーズアップ.jpg

ドルチェはコーヒー味のケーキ。上にはマスカルポーネチーズが。
このチーズにささった薄いイチゴのスライスは、とっても手がこんでるんですってるんるん薄く切ってシロップに漬けてなおかつ乾燥させて…みたいだったと思う!
カンティネッタドルチェコーヒーケーキ.jpg

こちらはホワイトチョコレートのムース。
カンティネッタドルチェホワイトチョコ.jpg

やっぱり、ここへ来るといつも心から大満足するのです揺れるハート

しかし、食べすぎ…?



【限定:8月末まで】100%ホーディア(ホーディア)ゴルドニーを使用した「ブッシュマンダイエット」は食べ過ぎを抑えて少量で充分な満腹・満足感を得られます。 *この料率は8月31日迄限定です。

 
    

posted by jun at 13:18| Comment(2) | TrackBack(0) | イタリアン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月15日

あのブランジェ浅野屋系列のイタリアン  「CEPPINO チェッピーノ」四谷三丁目

食べるために生きている・・・、食べることが大好きな私junがおいしいものを紹介します。

ワイン専門雑誌の編集をしてる友人Yに連れられて行ってきたのが、四谷三丁目の隠れ家的なレストラン「チェッピーノ」。

彼女にくっついてくと、必ずおいしいワインにありつけるのだるんるん

1階はあの「ブランジェ浅野屋 四谷店」。
軽井沢銀座に行くと、パン党でなくてもつい買っちゃう、あの有名パン屋さんです。

そう、ここは浅野屋系列のレストランだそう。

こんなところに、こんなに落ち着けるお店があるなんて!・・・という感じで、店内は静かでした。

道路側に窓がないのが気になったけど。

窓、太陽、光が大好きな私にしてみると、ちょっぴり閉塞感があったかな。
夜だからいいけどね。

いつもワイン選びはYにおまかせしちゃいま〜す手(チョキ)

この白ワインはノジオーラという土着品種だそう。

造り手はポイエル・エ・サンドリ

よく聞くよね!楽しみぴかぴか(新しい)
ちなみに、このワインラベル、あとでシートにしてくれました。
チェッピーノ白ワイン.jpg

プリフィックスコースA 4,725円にしました。
まずはアミューズ。
チェッピーノ前菜.jpg

アンティパストは
「伊達鶏のレバーとフォアグラのパテ ハチミツとライムソース」
チェッピーノテリーヌ.jpg

プリモピアットは
「フレッシュトマト タコと海の幸のタリオリーニ」
チェッピーノたこのトルテリーニ.jpg

セコンドピアットは
「佐賀牛サーロインのソテー エシャロットと赤ワインソース」
チェッピーノ牛ヒレ.jpg

Yちゃんのセコンドピアットは
「いろんなお肉と野菜のボッリートミスト」
チェッピーノマこみ.jpg

ドルチェ
チェッピーノドルチェ.jpg

すべておいしかったんだけど、Yちゃんとごはん食べるといつも話しに夢中になって、味をあんまり覚えてない・・・あせあせ(飛び散る汗)

でも、確かにすべておいしかったですっ。

そして何より、お店の方がとっても親切に色々教えてくれました。
決して押し付けがましくなく!(←これ重要)

ほかにお客さんがひとりもいなかったのが気になったけど。

今後のお店の存続を心配しちゃうよたらーっ(汗)

確かに四谷三丁目っていう場所がもったいない感じはしたなぁ。


【限定:8月末まで】100%ホーディア(ホーディア)ゴルドニーを使用した「ブッシュマンダイエット」は食べ過ぎを抑えて少量で充分な満腹・満足感を得られます。 *この料率は8月31日迄限定です。




posted by jun at 12:02| Comment(0) | TrackBack(0) | イタリアン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月21日

チェーン店だけどピザは本格的でくせになる・・・「オールドヒッコリー」 町田境川店

食べるために生きている・・・、食べることが大好きな私junがおいしいものを紹介します。

登戸の「ヒッコリーファーム」は高校の帰りに寄ったりして、もう大昔から知ってました。

たしかピザがおいしかったような・・・。

車で通りかかったので、系列の「オールドヒッコリー」でランチを食べることにしました。

そして席に着くと、そこには紙のランチョンマットが・・・あせあせ(飛び散る汗)

こ、これは・・・ぴかぴか(新しい)

そう、それは別になんてことはないんです。
でも、それを見た途端、わたしの心に甘酸っぱいときめきがかけめぐりましたぴかぴか(新しい)
だって、だって、高校の帰りに寄った「ヒッコリーファーム」で、そのランチョンマットにK君と二人で絵を描きながら何時間も粘ったのを思い出したから。
ランチョンマットに描かれた農婦にいたずら書きをした彼・・・。
ああ、今頃、どこで何してるんでしょうか〜っったらーっ(汗)

さて、本題に戻ります。

ひさびさに来たもんで、すっかりいろんなことを忘れてましたが、ここは自慢の薪で焼いている、表面パリパリ、中はもっちりのおいしいピザを食べさせてくれるんでした!

オールドヒッコリー店前.jpg  オールドヒッコリーまき.jpg
お店の裏には薪が積み上げられてます!
 
オールドヒッコリー全体.jpg

ここのはすべてが多めの一人前、ってのが嬉しいるんるん
ペスカトーレもたっぷり。
オールドヒッコリーペスカトーレ.jpg

サーモンとほうれんそうのパスタ。
オールドヒッコリーサーモンパスタ.jpg

パスタはもちろんのこと、このきのこのピザ「フンギ」1764円は最高においしい黒ハート
オールドヒッコリーピザ.jpg

トリュフソースとトマトソースのハーフ&ハーフで楽しめるキノコのピザはまた絶対に食べたくなる味ですexclamation
オールオヒッコリーピザアップ.jpg

今度はワインをボトルで頼んで、名物のドルチェ盛り合わせも食べようっと。





【限定:8月末まで】100%ホーディア(ホーディア)ゴルドニーを使用した「ブッシュマンダイエット」は食べ過ぎを抑えて少量で充分な満腹・満足感を得られます。 *この料率は8月31日迄限定です。


posted by jun at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | イタリアン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月03日

都会の喧騒をしばし忘れて楽しむイタリアンランチ 「ルクソール」

食べるために生きている・・・、食べることが大好きな私junがおいしいものを紹介します。

外苑西通りを1本奥に入った道沿いの2階に、なにやら楽しそうな空間があるのに気付いたのは結構前・・・。
それが「ルクソール」。
何かあったときにはここへ来よう!と決めていた。

やっぱり、この歳になってくると(いくつだあせあせ(飛び散る汗)exclamation&question)賑やかすぎるところに足が向かなくなってくる。
109だって大好きだけど、しょっちゅうは行けないよね。
つい、「静けさ」とか「落ち着き」とかを求めてる自分がいる・・・。

で、土曜のランチにおとずれたここ「ルクソール」はそんな私にうってつけのレストランだった。

予約をして行ったのだが、誕生日と言っておいたからか、ウェルカムカクテルで迎えてくれた。

そしてプリフィクスメニューで選んだのがこちら。

前菜。
ール 冷製.jpg

パンにはオリーブオイルとバルサミコ酢が。
ール パン.jpg

パスタ。
ール パスタ.jpg

メインはポークで。
ール ポーク.jpg

デザート。
ール デザート.jpg

連れにはデザートと一緒にこんなプレートが運ばれてきた。
ール プレート名なし.jpg

店内は明るいので、休日の昼に来るのが気持ちいい。

   

   
 
posted by jun at 16:28| Comment(4) | TrackBack(3) | イタリアン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月30日

有名イタリアンの料理人が作る休日ランチとは・・・?

食べるために生きている・・・、食べることが大好きな私junがおいしいものを紹介します。

「牡蠣がたくさん届いたから牡蠣パーティをするよ」というお誘いを受け、隣駅に住む新婚夫婦のお宅へお邪魔してきました。(2005年7月15日記事「おうちイタリアン」参照)

二人とも平日に冬なのに「夏期休暇」ならぬ「牡蠣休暇」をとって (やばいあせあせ(飛び散る汗)おやじギャグ・・・)、招待してくれましたぴかぴか(新しい)

牡蠣もワインもドルチェもあるから手ぶらで来てね〜、なんて嬉しいこと言われたので、日持ちのするケーキを焼いて、お花と一緒に持って行きましたるんるんウキウキ黒ハート

去年の10月くらいに、牡蠣をワイヤーごと購入したそう。
広島から来た牡蠣は、殻をはずしてきれいに並べられていました。
日下部オイスター.jpg

まずはシャブリで乾杯ぴかぴか(新しい) (このあとあんなに開けることになるとは・・・)
日下部ワイン3.jpg

私の好きなフォカッチャを用意してくれてましたぁるんるん
日下部パン.jpg

こちらは奥様が作ってくれたアボカドと魚介のタルタル。
食卓にこんなのが出てきたら感動ですよねぴかぴか(新しい) 今度挑戦してみるかなぁ・・・。
日下部タルタル.jpg

ごぼうのスープ。
ごぼうの香ばしさがとっても新鮮でクリーミーなおいしさ。激ウマ。
今もよみがえる味ぴかぴか(新しい)
日下部ごぼうスープ.jpg

プッタネスカ。オリーブとケッパーの酸味がさわやかな、「娼婦の」パスタ。
日下部プッタネスカ.jpg

からすみ。こんなにスライスしてあります。一体いくらするんだ?
日下部からすみ.jpg

からすみのスパゲティ。
下の白いソースは濃厚で激ウマだったので、正体を聞いてみると、長ネギと玉ねぎで作ったソースとのこと。長ネギは本当はポワローを使いたかったそう。
ひゃ〜、長ネギと玉ねぎでこんなにおいしくなるんだ!
これが、からすみの塩辛さとあいまって、絶妙なコンビネーションに。
絶品です。
日下部からすみパスタ.jpg

しこんであった豚肉を見つけましたるんるん 胸が高鳴る〜〜〜揺れるハート
日下部肉しこみ.jpg

こちらが豚肉のロティです! ルッコラが飾られたこちらの「ロティ」とはゆっくり焼く・・・みたいな意味だそうです。
いろんなハーブで焼いてあります。どんどん進んじゃう〜るんるん
日下部豚肉ロティ.jpg

日下部ロティアップ.jpg

ドルチェ。手前右がごまとココナッツのブラマンジェ。これがまた、最高においしい。
もっともっと食べた〜〜い黒ハート
手前のジャムは奥様のお母さん手作りのカリンジャム。
(ちなみに左上は、私の焼いたパインとりんごとくるみのケーキ)
日下部ドルチェ.jpg

ず〜〜っとワインを飲み続けている私のために、おいしいチーズが!
とろけそうなカマンベールはつぶして、焼いたバゲットにつけて食べます!
日下部チーズ.jpg

気付いたんだけど、4人でこんなに飲んだ????ってくらい、たくさんワイン開けてました。私、相当飲みすぎちゃったみたいです・・・。
だってワインセラーからたくさん持って来てくれちゃうんだも〜〜んあせあせ(飛び散る汗)
数々の貴重なワインを開けて、飲み比べ大会みたいなことになっちゃいましたよ。

こちらはスペインの赤ワイン。HIGUERUELA。
ご夫婦はスペインのワインが最近お気に入りだそう。
日下部ワイン4.jpg

これは1977年の赤ワイン。深くて重くてすごい飲みごたえのある貴重なワイン。
「私が○歳のときのワインだぁ〜」なんて盛り上がりました。
日下部ワイン2.jpg

こちらは、ご主人がずっと飲みたかったワイン。GAVIと書いてあります。
日下部白ワイン1.jpg

ごめんなさい。この辺覚えてません。でも確かに飲んだんです、赤ワイン。
日下部ワイン5.jpg

これは甘くて飲みやすい白ワイン。終盤で開けてもらったことをかすかに覚えています・・・。
日下部ワイン6.jpg

以上、ありえないほどの厚いおもてなしの数々。
ダイニングルームも日当たりがよく、真っ昼間からいただくイタリアンとワインはまったく贅沢の極みでした。
私も家を綺麗に片付けて、おいしい料理を作り、ワインを楽しむ生活を送ろうるんるんなんて思ってしまった、刺激を受けた一日でした。


    
  
 
posted by jun at 11:32| Comment(0) | TrackBack(0) | イタリアン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月26日

穴場!居心地のよい素敵なお店「ビストロ・カフェ棕櫚(しゅろ)」小田急読売ランド前

食べるために生きている・・・、食べることが大好きな私junがおいしいものを紹介します。

小さなビストロ・カフェ「棕櫚(しゅろ)」。
川沿いにちょこんと建っている可愛いお店は、本当に穴場。
折りしも雪が積もっていたので、窓から眺める庭は、まるでリゾート地のよう。
古き良き一軒家をうまく利用し、日本風の味わいを残しつつできたビストロ・・・といった感じなのです。
店内は、静かで落ち着けて、とっても居心地が良いのです。

お店の正面。
棕櫚店前1.jpg

ワインもたくさん揃っています。
ワインリストは手作りでとっても凝ってます。可愛いぴかぴか(新しい)
棕櫚ワインリスト.jpg

ワインリストの表示の説明まで!本格的です。
棕櫚ワイン説明.jpg

ジャスミンティ。
棕櫚ジャスミンティ.jpg

ふぐの唐揚。
棕櫚ふぐの唐揚.jpg

棕櫚ふぐアップ.jpg

フレッシュトマトとバジルのパスタ。ボリュームもあって950円exclamation×2
棕櫚トマトとバジルのパスタ.jpg

生ハムとパルミジャーノのリゾット。
棕櫚生ハムとパルミジャーノリゾット.jpg

チーズ好きにはたまらないるんるん
棕櫚リゾットアップ.jpg

お店のメニューはイタリアンだと思うけど、「ビストロ」ってのが気になる・・・。
棕櫚店前3.jpg

お店の入り口には雪だるまならぬ、雪猫?が・・・。棒で支えられてます黒ハート
棕櫚店前2.jpg

ワインもたくさん揃ってるし、コストパフォーマンスも良くて、とっても気に入りました。
実は、ここへ来る前に駅前の中華料理屋で食事をして、開店時間までの時間つぶしをしたので、正直満腹でしたが、結構食べられましたるんるん
次回は絶対デザートを頼みたいっぴかぴか(新しい)




   
    


Gift de お花屋さん


posted by jun at 12:06| Comment(0) | TrackBack(0) | イタリアン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月24日

大好きな人とのデートにぴったり!「イル・ムリーノ ニューヨーク」六本木ヒルズ

食べるために生きている・・・、食べることが大好きな私junがおいしいものを紹介します。

あのザガット・サーヴェイのニューヨーク版において、19年連続イタリアン部門で1位の店、と聞いたら、一度は行かなくちゃと思うにきまってまするんるん
ただ・・・、行く相手を選ばないと楽しめない・・・そんなお店でしたたらーっ(汗)

お店に入るとそこはもう、アメリカ。
ニューヨークの大人のレストランです。
アメリカ人が大好きなあの感じ、暗くてムーディな・・・。
・・・そう、私だってそんな雰囲気大好きなんだけど、仕事の相手とふたりきりで来てしまったもんだから、バツが悪いのなんのってダッシュ(走り出すさま)
ボックスシートみたいな暗くて落ち着いた二人席に通されちゃいました。
これ、大好きな人とふたりだったら、ものすごいウキウキするはずなんだけどたらーっ(汗)
テーブルには深紅のバラが飾られ、キャンドルの炎がゆらゆら・・・。
気を取り直してメニューに目を通します。

ガッツィーでガーリッキーな料理と言われる通り、1品はボリュームがあります。
さすが、アメリカンサイズるんるん
そして味がしっかりと濃い。
印象に残る味でしたよ。

何も言わなくても運ばれてきた前菜。ほかにもテーブルには最初からつまめるものが並んでるのでした。
イルムリーノ前菜.jpg

ほうれん草と卵とチーズのスープ。
イルムリーノえび.jpg

トルテリーニのクリームソースとスパゲッティカルボナーラ。
イルムリーノパスタ2種.jpg

車海老のパン粉焼き。これは取り分けてくれたもの。半人前。
イルムリーノえび.jpg

カルトッチョ。これは意外にさっぱりしていてたくさん食べたいくらいるんるん
イルムリーノえび.jpg

食事のあと、隣のラウンジに移動。
そこではニューヨークチーズケーキを。
イルムリーノチーズケーキ.jpg

アレキサンダーを久しぶりにぴかぴか(新しい)これ、学生時代良く飲んだなぁ揺れるハート
イルムリーノアレキサンダー.jpg

活気があって、ほんとにアメリカにいるかのような、店内。
外人がグループで楽しんでました。
ラウンジも落ち着ける雰囲気で、最初から最後まで行き届いたサービスで楽しめるお店です。


   


   
 

posted by jun at 00:09| Comment(0) | TrackBack(0) | イタリアン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月12日

東京タワーを見るために行く・・・?!「サルバトーレ・クオモ・ブロス」XEX ATAGO GREENHILLS

食べるために生きている・・・、食べることが大好きな私junがおいしいものを紹介します。

神谷町駅から歩いて向かったXEX ATAGO GREENHILLSの最上階のイタリアン。
サルバトーレ・クオモ・ブロスは六本木ヒルズ内にもあったりして、一度は行かなきゃ、と思っていた店だ。
店内入り口には、2、3名の男女が構えており、さささっとコートを預かってくれたりした。
むむむ?
なんだかこの接客と店構えと、なんとなく「水」っぽい匂いがする・・・。気のせいか?
気を取り直して、店内奥へ進むと、そこには夜景が広がっていた。
ちょっと年の行った男女の合コンテーブルの隣に通された私たちは、うるさいのと煙いのとで、別の席に移らせてもらった。
移った席は、まん前に大好きな東京タワーがそびえたつ最高のロケーションぴかぴか(新しい)

お料理は1万円のコースにした。
桃の甘いお酒ベリーニをメニューに見つけて迷わずオーダーるんるん

前菜の盛り合わせ
サルバトーレクオモ前菜.jpg

海老のトマトソースパスタ
サルバトーレクオモ前菜.jpg

ピザは二人で同じマルゲリータを頼んだら、1枚じゃなくて半分ずつあせあせ(飛び散る汗)
サルバトーレクオモマルガリータ.jpg

メインの子牛のソテー。前菜かexclamation&questionと目を疑うくらいの少なさにびっくりたらーっ(汗)
サルバトーレクオモ子牛.jpg

デザートはソルベットとセミフレッド。どちらもあんまり好きじゃないのでわくわくしないのだ・・・
サルバトーレクオモデザート.jpg

とにかく、1万円というのは場所代なのだと思った。
料理の味はともかく(ピザはおいしかったと言えるかも)コストパフォーマンスが悪すぎる。
満足感の非常に少ない店だった。
1万円も出せばもっと満足できるリストランテはほかにいくらでもあるはず。
隣のバーで、夜景を楽しむためにここへ来るならいいのかもしれない。

posted by jun at 10:25| Comment(0) | TrackBack(0) | イタリアン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月08日

訪れた人が皆大好きになるイタリアン「OTTO」等々力

食べるために生きている・・・、食べることが大好きな私junがおいしいものを紹介します。

こんなにアップが遅れてしまったのにはわけがあります…。
ここでのディナーから随分経ってしまったのですが、私の体重はあっという間に(…ほんとは急激にではなく、じわじわと確実にだけどたらーっ(汗))取り返しのつかないところまで増加してしまい、おいしい食べ物の写真を眺めてアップしてる心の余裕などなかったため、今頃の更新となってしまいました。
誕生日月間と称して、そしてブログに載せるためと言い聞かせて、ただただ暴飲暴食をしていた私も、もうこのままじゃいられません。対策を練らねばあせあせ(飛び散る汗)

というわけで、気を取り直して、OTTOの紹介を!
ここは、私の誕生日ディナーということで弟夫婦が探してきてくれた、とってもヒットなイタリアンのお店るんるん
駅でいうと等々力が近いけれど、駐車場があるので車が楽チン。
一歩中に入ると、落ち着いてるけど明るい雰囲気。
そんなに広くないのにたくさんの客で埋め尽くされてました揺れるハート

お料理は、プリフィックスのコースにして、ほかにピザを追加オーダーしました。

大好きなワインはボトルで計2本いただきましたぴかぴか(新しい)
OTTO ワイン.jpg

OTTO ?.jpg

ほどよい塩味とさくさくの歯ざわりが最高るんるんはすのフリット
OTTO はすのふりっと.jpg

K子のオーダーした豆のスープ
OTTO 豆のスープ.jpg

弟は穴子と柿の前菜を
OTTO 穴子と柿の前菜.jpg

私の選んだ前菜は定番?!生ハムと洋ナシ
OTTO 生ハムと洋ナシ.jpg

OTTO パン.jpg

私のパスタは穴子と白菜のパッパルデッレ
OTTO 穴子と白菜のパスタ.jpg

OTTO パスタ.jpg

K子はあさりのパスタ
OTTO あさりの.jpg

魚料理は天使の海老ぴかぴか(新しい)
OTTO 天使の海老.jpg

OTTO わからん.jpg

肉料理は牛ヒレ肉をチョイス
OTTO 牛ヒレ肉.jpg

ここでコースのほかに、特に人気というピザを注文るんるん
OTTO ピザ.jpg

誕生日のため、デザートは盛り合わせで全種類が…ぴかぴか(新しい)ああ、誕生日ブラボーるんるん
OTTO デザート盛り合わせ.jpg

OTTO コーヒー.jpg

お会計には携わってませんが、こんなに食べて飲んで…の割りにお高くないそうです。
(ごちそうさまでしたぴかぴか(新しい)
そして、とにかくすべてのものがしっかりおいしい。
お店も緑に囲まれたところにあって落ち着けるし、ちょっと穴場って感じ黒ハート
リピーターが多いのも納得です。
おすすめのピザやパスタなど、まだまだ食べたいものがあるので、また絶対行きたいと思ってます。(ちょっと痩せてからねあせあせ(飛び散る汗)






 
posted by jun at 16:50| Comment(2) | TrackBack(2) | イタリアン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月30日

南青山のノスタルジックな倉でカジュアルイタリアンを・・・ 「クラカルミネ」南青山

食べるために生きている・・・、食べることが大好きな私junがおいしいものを紹介します。

ここ最近の私の好きな男性のタイプは、先日ケニアで出会ったマサイ族ハートたち(複数ハート)
そして、ここのカルミネ・コッツォリーノ氏もまさに私の好みです黒ハート
今日は、大好きなカルミネさんの表参道のお店にやってきました。
カルミネさんのお店はたくさんありますが、私のカルミネデビューはここ、クラカルミネだったので、思い出深いお店といえます。
ひさしぶりにランチに訪れたのですが、店内が前よりも明るくなったみたいぴかぴか(新しい)
気のせいexclamation&question

2100円のコースをチョイス。
まずはエビスビールを。そのあとはスパークリングワインをグラスで。

クラカルミネ フォカッチャ.jpg

シュリンプカクテルのソースはパンでぬぐって食べたほど好みの味。
クラカルミネ シュリンプカクテル.jpg

友達はトマトクリームソースときのこの木こり風パッパルデッレを。
クラカルミネ 木こりのパスタ.jpg

私はあさりとブロッコリーのスパゲッティを。
クラカルミネ あさりのパスタ.jpg

牛ハラミのソテー。
クラカルミネ 牛ハラミ.jpg

友達との久々の再会であまりに楽しそうだったのでしょう、途中で「今日は何かの記念日ですか」とお店の人に聞かれたので「誕生日月間ですけど・・・」と遠慮がちに告白しただけなのに、キャンドル付きのデザートが運ばれてきて感激ぴかぴか(新しい)
しかも、ティラミスを頼んでいたのに、セミフレッドまでついてました!
願い事を唱えてキャンドルの炎を吹き消す・・・なんて何年ぶりでしょうかぴかぴか(新しい)
なんだかいい気分〜ハートたち(複数ハート)
クラカルミネ シュリンプカクテル.jpg




 


posted by jun at 01:38| Comment(0) | TrackBack(0) | イタリアン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月29日

魔法のように何でもおいしい・・・ 「トラットリア・デッラ・ランテルナマジカ」目黒

食べるために生きている・・・、食べることが大好きな私junがおいしいものを紹介します。

グルメと言えばこの人の右に出る人はちょっと見当たらない・・・、というくらいの食通で、食いしん坊の私のいとこT。
そんな彼の提案で訪れた目黒のトラットリアは、知らなきゃ絶対来ないようなところにあった・・・。
そんな穴場っぽさがまた、期待に拍車をかけるのだ揺れるハート
ランテルナマジカ 店.jpg

店内は思ったよりも広く、落ち着いた照明の中で、いかにもゆっくりと食事を楽しめそうな空間だった。

目にも楽しい前菜の盛り合わせ。
ランテルナマジカ 前菜盛り合わせ.jpg

ランテルナマジカ パン.jpg

スモークしたかじきのカルパッチョ。
ランテルナマジカ かじきのカルパッチョ.jpg

フリットの盛り合わせ。アランチーニ(ライスコロッケ)や花ズッキーニとモッツァレラチーズのフリットが・・・黒ハート
ランテルナマジカ フリット.jpg

うにのパスタなど3種をシェア。
ランテルナマジカ パスタ3種.jpg

牛テールの煮込み。
ランテルナマジカ フリット盛り合わせ.jpg

追加したフリット。やりいかを加えてもらいました。
ランテルナマジカ フリット.jpg

魚介のパスタは塩分がしっかりきいて、主張のある味。
ランテルナマジカ 魚介のパスタ.jpg

デザートはティラミスと・・・
ランテルナマジカ ティラミス.jpg

とろ〜りチョコレートソースのケーキと・・・
ランテルナマジカ チョコレートケーキ.jpg

ズッパイングレーゼと・・・
ランテルナマジカ ズッパイングレーゼ.jpg

クレームブリュレぴかぴか(新しい)
ランテルナマジカ クレームブリュレ.jpg

これは手作りのバナナのお酒。
ランテルナマジカ 手作りお酒.jpg

この店のウリ、何種類もの食後酒の瓶が並んだワゴンが圧巻。好きなものを自由に飲めちゃう気軽さが楽しい。
ランテルナマジカ 手作りお酒.jpg

私には全然わからないけど、ワインの種類も豊富に取り揃えてあったようだ。
特にいとこのおすすめのDONNAFUGATA社の MILLE NOTTE (1万円)はさすがにおいしい赤ワインるんるん
お店の人も、何でも教えてくれるし、何だかすごくくつろげたるんるん
しかし、今日もまた、すごい食べて飲んだなぁ・・・ダッシュ(走り出すさま)






posted by jun at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | イタリアン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月12日

イル・モネッロ

食べるために生きている・・・、食べることが大好きな私junがおいしいものを紹介します。

田園都市線沿線江田駅近くのトラットリア。
ここのシェフは「ラ・ビスボッチャ」出身なのだ。
本当においしいイタリアンを都内に行かなくても食べられる、貴重なお店と言ってよい。
お店はこじんまりして決して広くはないが、明るい雰囲気で、内装もしゃれている。
私は、センスの良さは味にも反映すると信じているので、確かにおいしいんだけどどうも店内の雰囲気がダメ…で足が遠のいているレストランがあったりする。
でもここはすべておいしいぴかぴか(新しい)
デザートのつかないランチメニューをオーダーした。
これで1260円は安い。うれしいるんるん

サラダか前菜かをチョイスできる。私は迷わず前菜をexclamationこれがいつも楽しみ。
すべてがおいしくて楽しめるのだ揺れるハート
il 4.jpg

あさりとベーコンのオリーブオイルソースパスタ。激ウマ。
ベーコンの塩みがガーリックとよく合うるんるん
il 3.jpg

連れの頼んだたこの辛味トマトソースパスタ。これもおいしいらしい。
il 2.jpg

最後に飲み物を選べるぴかぴか(新しい)
il 1.jpg

ここは、店を出るとき、「あ〜、おいしかった〜」って言える数少ない店のひとつである。









posted by jun at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | イタリアン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月30日

Festa Piazza

食べるために生きている・・・、食べることが大好きな私junがおいしいものを紹介します。

近所だし、夜行ってみたらまあおいしかったから、ランチに行ってみました。
1575円のランチ。これってお得かな?

エディブルフラワーの黄色が鮮やかなサラダ。…これが酸っぱい。
salad.jpg

前菜のサラミは私、いつもあんまり好んで食べないし…。
zensai.jpg

ヘルシーな感じを求めてオーダーしたのに、この「生ハムと夏野菜のパスタ」はとにかく油っぽい。オリーブオイルの風味の良い油ではないのだ。そしてにんにくを使っているが、料理にきいていない。さらに生ハムに大事なあの塩気が感じられない。なぜ?どうして?生ハム食べたかったからオーダーしたっていうのにあせあせ(飛び散る汗)
namahampasta.jpg

デザートは楽しくてGOODるんるんパンナコッタには卵の黄身にみたてたアプリコットソース揺れるハートうん、これはいいね。ティラミスも洋酒がたっぷりきいて、甘さひかえめで嬉しい。
洋ナシのシャーベットもあとの2品とバランス取れてていいよ、いいよ!
desert.jpg

panna.jpg

コーヒーもついてなんだかお得なはずの1575円イタリアンランチ。
でも、満足感ないんだよね。。。。
posted by jun at 01:16| Comment(0) | TrackBack(0) | イタリアン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月15日

おうちイタリアン

食べるために生きている・・・、食べることが大好きな私junがおいしいものを紹介します。

新婚のお宅にお邪魔しました揺れるハート
なんと、後輩の直子ちゃんのご主人(イタリアンレストランでコックを務めていらっしゃいます)がお仕事をお休みして「おうちイタリアン」に招いてくださったのですぴかぴか(新しい)
もう圧巻ですハートたち(複数ハート) 次から次へと出てくる素晴らしいお料理の数々…ぴかぴか(新しい)
「おうちイタリアン」なんて軽々しく口にしたのが恥ずかしいほどでしたあせあせ(飛び散る汗)

「ソワ・ド・パリ」
ヴィシソワーズの中に濃厚で深い味わいのコンソメジュレがexclamation
paris250.jpg

「冷製トマトのカッペリーニ」
トマトの自然のうまみと甘さがぎゅっと濃縮されて美味ぴかぴか(新しい)
カッペリーニ.jpg

「かさごのアクアパッツア」
ドライトマトやオリーブがきいているぴかぴか(新しい)見た目も味も素晴らしい晴れ
アクアパッア.jpg

「野菜のソテーとスカモルツァチーズ」
スモークチーズがこんなに野菜とマッチするなんてぴかぴか(新しい)
野菜とチーズ.jpg

「ジェノベーゼのスパゲッティーニ」
プロセッサーで作りたてのジェノベーゼはご両親の畑でとれたじゃがいもと相性ぴったり
スパゲッティーニ.jpg

「前沢牛」
この美しく麗しい前沢牛と野菜たち。おいしいに決まってまするんるん
beef.jpg

「パンナコッタとフルーツ盛り合わせ」
いままで食べた中で一番美味しいパンナコッタでしたぴかぴか(新しい)ドルチェまで完璧なんてexclamation
パンナコッタ.jpg

「Happyケーキ」
一緒にお呼ばれした後輩の結婚が決まったのでなんとケーキまでひらめき
ケーキ.jpg

このスペシャルなお料理の数々を全部残らずごちそうになった私。
しかも、シャンパンに始まって、白ワイン、赤ワイン、ビール…とすべてをたいらげちゃいましたぴかぴか(新しい)
本当に美味しくて楽しいイタリアンディナーを満喫しました。
お二人のレストラン開業を心待ちにするばかりでするんるん



posted by jun at 13:07| Comment(3) | TrackBack(0) | イタリアン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。