2006年02月20日

1皿100円ではないけれど・・・スーパー銭湯の「スーパー回転寿司 海鮮まぐろ」

食べるために生きている・・・、食べることが大好きな私junがおいしいものを紹介します。

横浜市緑区にあるスーパー銭湯「ヨコヤマユーランド緑」。
前住んでたところからわりと近くにあったのに、全然知らなかったよ。

行ってみると入り口の横に回転寿司が!
とりあえず行っとくでしょ。
お腹すいてなくてもるんるん

あっ、近頃100円回転寿司に慣れてたけど、ここは違うんだね。

120円、180円、220円、300円って感じです。
わたしは220円や300円ものばっかり食べました。

海鮮まぐろまぐろ.jpg  海鮮まぐろびんちょう.jpg
さすが「海鮮まぐろ」。まぐろ120円でもじゅうぶんうまい!右はびんちょう。  

海鮮まぐろ中トロ.jpg  海鮮まぐろ赤貝.jpg
これは中トロ2皿分。4貫で600円。意外に高いけどね。赤貝は220円。

海鮮まぐろいかうに.jpg  海鮮まぐろあぶりサーモン.jpg
いかの上にウニが!・・・でもそれぞれ別で食べたいかも。いかとウニって食感が違いすぎるじゃん?

海鮮まぐろえび.jpg  海鮮まぐろいくら.jpg
えびは180円。いくらは220円。

海鮮まぐろエビフライ.jpg  海鮮まぐろうなぎ.jpg
連れの頼んだのはエビフライ巻きとうなぎ。
ちょっと〜。  
こういうの頼むのやめてくれるぅ? 
邪道じゃんあせあせ(飛び散る汗) 
エビフライ巻きを前にして
「これこれるんるんこういうの、カリフォルニアでよく食べたなぁ黒ハートって・・・。
しかも、うなぎって、海でとれないじゃん。
寿司屋で湖のもの頼んだら、江戸っ子の両親に怒られるぅ〜・・・




【限定:8月末まで】100%ホーディア(ホーディア)ゴルドニーを使用した「ブッシュマンダイエット」は食べ過ぎを抑えて少量で充分な満腹・満足感を得られます。 *この料率は8月31日迄限定です。


 
posted by jun at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 寿司 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月17日

やっぱりまぐろが違う・・・!「三崎 豊魚」横浜そごう店

食べるために生きている・・・、食べることが大好きな私junがおいしいものを紹介します。


マーローのプリンを買いに、横浜そごうに行ってきました。

そう、わざわざです。
「北海道フレッシュクリームプリン」がどうしても食べたくて、車で1時間弱…。

おっと、今日はマーローのハナシじゃないんだ…。

さて、そごうのレストランフロアでランチにします!

竹葉亭でうなぎもいいし、イルピノーロやシェ・松尾でもいいかなるんるんなんて思っていたら、あった〜〜〜exclamation×2

あの、ランチにとにかくおいしくてお得なまぐろ丼を食べさせるという、銀座の「寿司割烹 豊魚」が、ここにあるじゃないかっ!

即決。

ジャンボちらし2415円。
これが、ものすごいジャンボな具。
もう、感動もの…ぴかぴか(新しい)
豊魚ジャンボちらし.jpg

サーモン、かます、たこ、玉子、海老、帆立、さば、子持ち昆布、中トロ、いくら、かまぼこ、たくわん、かんぴょう、でんぶ…と実に盛りだくさんるんるん
豊魚ジャンボちらしアップ.jpg

さすが、まぐろの店。中トロはほぼ大トロ寄りの中トロだ〜〜。
この分厚さに、ほっぺたが落ちちゃいました。
豊魚ちらしトロアップ.jpg

ジャンボちらし、たしかに最高なんだけど、ひとつだけ不満が。

具はジャンボなんだけど、ごはんがプチ…なんだよお〜。

ほんと、倍は欲しいね。
次回は「ごはん多めでお願いします」って絶対言おう、と心に決めてます。

こちらはにぎり。2415円。
豊魚にぎり3.jpg





【限定:8月末まで】100%ホーディア(ホーディア)ゴルドニーを使用した「ブッシュマンダイエット」は食べ過ぎを抑えて少量で充分な満腹・満足感を得られます。 *この料率は8月31日迄限定です。


 
posted by jun at 00:39| Comment(2) | TrackBack(1) | 寿司 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月05日

いまどき680円のおいしいちらし寿司、しかも大盛り! 「みねや鮨」

食べるために生きている・・・、食べることが大好きな私junがおいしいものを紹介します。

ものすごくローカルな気もしますが、こちらは川崎市麻生区王禅寺の商店会にある「みねや鮨」。
とっても小さなお店です。

アメリカの田舎にありがちの(まあ、ここも十分田舎ではありますが・・・)平屋のお店が集まった一角にあるこの「みねや鮨」は、ほんとに見落としそうなお店なのです。

でも、こんなにおいしくて安いランチが食べられるなんて、そうそうないですよ〜。
ほんと、穴場です。

みねや寿司店前.jpg

ほら!お店の前には看板が・・・。
みねや寿司看板.jpg

こちらが「大盛ちらし定食」税込680円。食べごたえがある上、おいしい。
みねや寿司ちらし.jpg

私は今回、「おさしみ定食」を。これだって税込730円。
小鉢がいろいろついて、楽しいのだ。
みねや寿司刺身定食.jpg

おさしみは、まぐろ、コハダ、ほたるいか、赤貝、いか。
みねや寿司刺身.jpg

近所にあったら、しょっちゅう行っちゃいそう。
夜は一度も行った事がないのでいっぺん行ってみようかな!




posted by jun at 17:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 寿司 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月27日

おたる寿司 〜「くら寿司」と徹底比較しちゃうよっ〜

食べるために生きている・・・、食べることが大好きな私junがおいしいものを紹介します。

最近、100円回転寿司と言えば「くら寿司」に行く割合が高かったかも?!
今日は、昔よく行っていた「おたる寿司」にひさびさに行ってきました。

そうしたら、じつは「くら寿司」よりもネタが良いかもexclamation&questionという衝撃の事実に気付いてしまったのです。

まずは、赤貝がレギュラーメニューになっていること。(←これ最重要黒ハート
しかも、「くら寿司」でたまに頼めることもある赤貝に比べ、ネタが多いのだ。
多いとはどういうことかというと、赤貝自体はもちろん小さい(100円だから)が、「おたる寿司」のそれにはシャリの上にそのミニ赤貝がなんと二枚載っているのだぴかぴか(新しい)
「くら寿司」の赤貝のいいところは、皿の上に普通の赤貝にぎりがひとつと、ひもの軍艦が載っているものが来ることがたまにある、ということ。
でも「おたる」の方は、確かな満足感が得られることは間違いない。

これが必殺「ミニ赤貝2枚載せにぎり」だぁ〜。
おたる寿司赤貝.jpg

帆立貝。
おたる寿司帆立.jpg

生車海老1貫。
おたる寿司生ヤ海老.jpg

生えび。
おたる寿司生えび.jpg

そして、生うに1貫。
1貫100円なのだからこのお店では、高いものだが、普通のうにとは全然違う。
そりゃあ、久兵衛を引き合いには出さないが、100円でこれが食べられるならいいかな、と。
贅沢(?)に4貫並べてみた。これで400円。
おたる寿司生うに1貫.jpg

真鯛。
おたる寿司真鯛.jpg

煮帆立。
これには甘いタレをつけるのだが、このタレ、テーブルにないから、ぐるぐる回ってくるのを待たなくてはならない。ストレスの元だ。
おたる寿司マ帆立.jpg

ほっき貝。「くら」だとマヨネーズがもれなく載っかってくるので、抵抗のある方多いはず。
「おたる」のほっきは無事でするんるん
おたる寿司ほっき.jpg

とっても大きなトロサーモン。
おたる寿司トロサーモン.jpg

オニオンサーモンもある。
おたる寿司オニオンサーモン.jpg

えんがわ。
おたる寿司えんがわ.jpg

全体的にシャリは大きめである。
もしかして「くら」よりもシャリが大きいかもしれない。
さらに、「くら」よりもわさびが多くて良い。
そういえば「くら」では、わさびが微量しか入ってないため、わさびを別につけて食べるのが常である。
そして、感じたのは「おたる」の方が色々回っていて活気がある、ということ。
気付くと色んな皿が目の前に並んでたり黒ハート
デザートも100円で、思わず「豆乳チーズケーキ」を手にしてしまっていた。
それが、結構軽くていけるのでびっくり。
どうせ、おいしくないかも、と写真撮るのを忘れました。

ということで、回転寿司は「くら」より「おたる」に決定exclamation



   
    


Gift de お花屋さん

posted by jun at 10:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 寿司 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月10日

それでもやっぱり並んじゃう・・・「寿司の美登利」梅が丘 

食べるために生きている・・・、食べることが大好きな私junがおいしいものを紹介します。

休日にふと思い立って訪れた「梅が丘 寿司の美登利」。
本館には並んだことはあったけれど、今日は新館前の行列に加わった。
なぜなら、本館前には人があふれ、行列の最後尾もうやむやな感じだったのが嫌だったからだ。
しかし、比較的並んでいる人の少ない新館は、客が10人出ても、入るのは2人(不思議・・・)という感じで、とにかくイライラさせられたのだ。
寒くて底冷えする日陰に長時間立たされて、寒さのあまり無言で待つしかなかった。
黙っててもお客が毎日行列するのをいいことに、暖房器具なども出ていないし、客のことを考えてよ・・・と心で思っても、寒さのあまりそれを口に出す気も起きない。
そしてなにより、中を覗くと、カウンターがいつくかあいてるのに、客を入れてくれない。
結局、本館の方が回転が速かっただろう、絶対。
で、前から5組目くらいだったにもかかわらず、1時間以上も待った。
いや〜、意地で並んだね。
もう二度とこんな店来ないよ。少なくとも真冬は・・・。

いつもの「超特選にぎり」2000円を。
大好きな「カキ酢」があまりにも安いので頼んでみた。630円。
美登利かき酢.jpg

かにみそサラダは少しでもおいしくて、がぜん食欲に火がつく!
美登利かにみそサラダ.jpg

最初に来たのはとろ。行列の苛立ちが吹き飛ぶうまさるんるん
美登利とろ.jpg
 
かにとかんぱち
美登利かんぱちかに.jpg

いくら、うに
美登利いくらうに.jpg

デンブ入りの玉子
美登利卵.jpg

赤貝とえび
美登利赤貝えび.jpg

名物の穴子と手巻き
美登利穴子.jpg

やっぱり、これはまた並んじゃうわ。
これが2000円で食べられるっていうのはやっぱりいいよね。


   
    


Gift de お花屋さん


posted by jun at 11:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 寿司 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月24日

金沢まいもん寿司

食べるために生きている・・・、食べることが大好きな私junがおいしいものを紹介します。

たまプラーザにある「金沢まいもん寿司」に行ってきました。
ここは「おたる寿司」や「くら寿司」とはちょっと違い、1皿100円のすし屋ではないあせあせ(飛び散る汗)
結構いい値段がするから、当然ネタもいい。
ここには「くら寿司」には最近姿を消してしまった赤貝が立派に君臨するのであるぴかぴか(新しい)
そして、先日の「久兵衛」で目覚めたあわびを生で食べようと、ここへやってきたのだ。

活あわび。1皿840円。歯ごたえがいい。
金沢まいもん活あわび.jpg

何度も頼んだ赤貝。
金沢まいもん寿司赤貝.jpg

たまに来る、赤貝とひものセット。
金沢まいもん赤貝ひもと.jpg

青柳。
金沢まいもん青柳.jpg

中トロと赤身とびんちょうの「まぐろ三昧」。ここの名物といえる。
金沢まいもんまぐろ三昧.jpg

みる貝。
金沢まいもんみる貝.jpg

ひもきゅう細巻き。
金沢まいもん寿司ひもきゅう巻き.jpg

お目当てのガス海老がなくて、車海老を。
金沢まいもん寿司くるま海老.jpg

いわし。
金沢まいもん寿司いわし.jpg

煮はまぐり。
金沢まいもんマはまぐり.jpg

帆立。
金沢まいもん帆立.jpg

あ〜、おなかいっぱい。
そういえば、久兵衛よりも全然たくさん食べたかも。





posted by jun at 21:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 寿司 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月18日

久兵衛 カウンター

食べるために生きている・・・、食べることが大好きな私junがおいしいものを紹介します。

通算三度目の久兵衛。
一度目はホテルオークラのランチ。
二度目は銀座の夜の個室にて。
そして今回、三度目は憧れのカウンターへ座ることができたのだ。
前回の個室のときに感じたそれよりも格段上のもてなしっぷりに、まず感動した。
カウンター内の板さんと仲居さんとの絶妙なやりとりは、脱帽ものだった。
常連になればさして気付かないような心配りも、少々緊張していた私には十二分に感じ取れた。
話に夢中になって、少し暑くなってきた私が上着を脱ごうとしたその瞬間、板前さんは仲居さんに合図。すかさず上着をあずかってくれるのだった。

カウンターは思ったより小さくておどろいた。
17人しか座れない。2人連れで8組だけである。
それがいっぱいに埋め尽くされ、どの客もにぎやかに寿司を楽しんでいるのが印象的だった。
敷居が高いというよりも、活気にあふれていて、勢いのある店だ。
寿司もうまいにちがいない、と思わせる。

さすがにしょっぱなから写真を撮ることに気後れしていた私も、ビールと冷酒が進むにつれ、気が大きくなり、撮ったのが以下の写真。
今回食べた中のベスト4である。

全部で5貫食べたあわびの塩蒸し。私が本格的にあわびに目覚めた一品。
久兵衛カウンター塩蒸し.jpg

大トロよりむしろ中トロを好んでいた私がハマった一品。
久兵衛カウンター大トロjpg.jpg

私が寿司の中で一番好んで、一番多く食べてきた赤貝。
久兵衛カウンター赤貝.jpg

口の中でとろけてなくなるいくら。
久兵衛カウンターいくら.jpg

こちらの板前さんは、物欲しげにしてる私に、いつもちょうど良いタイミングで注文を聞いてくれた黒ハート
久兵衛カウンター風景2.jpg

終始活気に満ちていた久兵衛カウンター。
久兵衛カウンター風景.jpg

今回は初めてのカウンターということもあって、勝手もわからず、少々私らしさが発揮できなかった感があり、不覚にも海老を食べるのを忘れてしまった。
次回はひもきゅうの細巻きくらいまで頼みたいと思った。





posted by jun at 12:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 寿司 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月14日

お金持ちになったら毎日通ってやる・・・! 「久兵衛 銀座」

食べるために生きている・・・、食べることが大好きな私junがおいしいものを紹介します。

自腹でランチはあるけれど、夜は初体験るんるん
ご馳走になれるということで、もうわくわくは止まらない・・・黒ハート
残念ながら、金曜の夜、しかも当日予約ということで、1階のカウンターはいっぱいでした。
そのフロアにひとつしかない贅沢な個室テーブル席に通されました。
エレベーターを降りてフロアに入ると、そこは魯山人ミニギャラリーとなっていて、高価な器がショーケースに飾られ、まさに「久兵衛ワールド」が繰り広げられていました。

瓶ビールと日本酒「新政」で宴は始まりますぴかぴか(新しい)
私は鮨懐石「伊賀」18,900円をオーダー。

久兵衛 いくら塩辛.jpg
いくらと自家製塩辛

久兵衛 刺身.jpg
かつお、しまあじ、いか、まぐろ

久兵衛 青柳v゙tり.jpg
青柳の炙り。塩でいただきます

久兵衛 焼もの.jpg
焼物

久兵衛 マツタケお吸い物jpg.jpg
マツタケのお吸物

久兵衛 握り.jpg
大好きなウニやえび、赤貝がうまいのはもちろんのこと、ここのまぐろは絶品。
本当にとろけそうで最高にウマイ、中トロと大トロ。

久兵衛 大トロのあぶり.jpg
ここで、何かお好みでオーダーすることになって、おすすめの「大トロの炙り」を。
なんて、なんてやわらかくてジューシーでとろけそうなのかっ・・・ぴかぴか(新しい)

久兵衛 穴子と巻物.jpg
穴子は塩とたれで。特に塩でいただく穴子握りは圧巻揺れるハート
巻物は鉄火とひも胡瓜とかんぴょう巻

久兵衛 柿.jpg
デザートの柿

久兵衛 土瓶蒸し.jpg
ちなみにこれは備前(24,150円)につくマツタケの土瓶蒸し。素敵なので撮りましたるんるん

ここは銀座というより新橋駅から程近く、最高の立地条件。
日曜は定休だが、土曜はものすごく混みあうとのこと。
いや〜、ここは何かにつけてまた来たくなる、おいしいお店です。
やっぱり、まぐろ、とろが別格でうまいexclamation×2
お安くはないけれど、高くてもまた絶対来たい、自腹でも来たい、と強く思わせる、数少ない名店なのです。




posted by jun at 23:54| Comment(2) | TrackBack(0) | 寿司 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月09日

びっくり寿司ランチ

食べるために生きている・・・、食べることが大好きな私junがおいしいものを紹介します。

近所の「びっくり寿司」にランチがあるので行ってきました。
かなりお得でボリュームもある手(チョキ)おそばとサラダまでついているのだるんるん

bikkuri chirashi.jpg

こちらはおまかせにぎり。
なにかをマヨネーズであえたものがのっかってる軍艦はあんまりいらないんだけどね・・・。

bikkuri omakasenigiri.jpg

これら、確か1000円とか1200円とかだったかな。安い。

posted by jun at 10:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 寿司 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月21日

うず潮巻はおもたせのお約束 「古市庵」東急フードショウ渋谷

食べるために生きている・・・、食べることが大好きな私junがおいしいものを紹介します。

渋谷を通りかかるとつい寄ってしまうところがある…るんるん
東急FOODSHOWの古市庵。そこで買う「うず潮巻」1260円はもう大のお気に入り。
この太巻きには海老、いか、穴子、とびっこ、しいたけ、きゅうり、かんぴょう、しそ、デンプ、卵焼き、伊達巻、大根の漬物exclamationこ〜んなにたくさん入ってるんだからハートたち(複数ハート)
これをこっそり一人で全部食べちゃったりするんだけど、さすがにダイエット中は、半分くらいにしなくちゃ…。でも、やめられないんだ、これが。気づくと最後の一個になってたり…。

koichian.jpg






posted by jun at 20:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 寿司 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月09日

たまには回転寿司で食べまくる「無添 くら寿司」

食べるために生きている・・・、食べることが大好きな私junがおいしいものを紹介します。

たまに行く近所の「無添 くら寿司」は100円だから楽しいぴかぴか(新しい)
私が普段、寿司屋で食べるのは 赤貝、中トロ、大海老、ウニのあたりを順番に…
そして途中で赤貝のひもとキュウリのひもきゅうの細巻きを食べたりして
最後にうにいくら丼とか頼んだりする(食べすぎ)のですが
そうするとさすがにしょっちゅう通えないですよね。
ここなら100円exclamation お財布気にせず食べれます。
しかし、この「くら寿司」のメニューから大好きな赤貝がなくなっていたのです。
時期的な理由だといいんだけど…。復活願ってます。

意外においしいとろける1本アナゴ
anago250.jpg

赤貝がないとこればっかりるんるん新物蒸しホタテ
hotate250.jpg

ここにしては高価(?)な1貫海老
ebi1250.jpg

posted by jun at 17:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 寿司 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。