2005年11月25日

バーンリムパー

食べるために生きている・・・、食べることが大好きな私junがおいしいものを紹介します。

大久保駅近くにあった私のお気に入りタイ料理屋「バーンリムパー」が職安通りに移動してからずいぶん経ってしまいました。
ず〜っと行かなきゃ行かなきゃと思いつつ、しばらくご無沙汰してました。
ひさびさだけど、ここの料理はとりあえずなんでもおいしくて、私好みの味だったので、
大いに期待して行ったのです。
しかも、今回は「タイ料理はじめて黒ハート」とか言う、ハタチの男の子も一緒とあって、
とりあえずおいしくないとね、ということで、この店を選択したのでした。

ところがむかっ(怒り)
どうも、感動がないたらーっ(汗)
どれを頼んでも、いつも思わず口をついて出てくる「おいしい〜〜〜」の言葉が私の口から発せられないことに気付く・・・。
オーナーやコックが変わってしまったのでしょうか・・・?
それとも私の味覚が変わってしまったの?
そういえば、最近、「これだ!」と思えるタイ料理に巡りあえないでいるのです。

バーンリムパー お通し.jpg

ガイヤーン。バーベキューチキンはイサーンのたれをつけて。
バーンリムパー ガイヤーン.jpg

タイ料理初体験の子は「これウマイ」と言ってました。ポピアトー。揚げ春巻。
バーンリムパー ポピアトー.jpg

これは、おいしいと思った。ラープガイ。煎ったもち米が香ばしくてカオニャオがすすむのだ。
バーンリムパー ラープガイ.jpg

う〜ん、これはもっとおいしいはずだ。クンオップウンセン。海老の春雨蒸し。
バーンリムパー クンオップウンセン.jpg

タイ料理初めての子はうまいと言ったゲンキャオワン。グリーンカレーは普通においしいけど・・・。
バーンリムパー ゲンキャオワン.jpg

ココナッツアイスの横に載ってるのは絶対、マンゴーなんかじゃなくて、ドリアンのシロップ漬けぴかぴか(新しい)、だと思う・・・絶対。おいしいよ。
バーンリムパー ココナッツアイス.jpg

私の好物、カノンモーケン。ココナッツのケーキ。半生のプリンのようなケーキのような・・・。辛いものを食べた後はお約束揺れるハート
バーンリムパー カノンモーケン.jpg

結局、ここではラープガイとやわらかいカオニャオ(もち米)がおいしかった。
ここらで本腰入れて、おいしいタイ料理屋探しをしなくてはならない気がしています。
どこかおいしいところがあったらご一報くださ〜い。




posted by jun at 01:32| Comment(4) | TrackBack(0) | タイ料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
じゅんさん

こんばんは〜。先週イサーンに行ってきました!
(※ヒサーンではなく助かりました)

ウボンラチャターニー、シーサケットと南東部周りです。カオホムマリの仕事だったのですが、あちらで食べると米が美味いです。米三昧でしたが、初イサーンでしたので、いろいろと料理も楽しみ、旅行でも行きたいなぁ(仕事ではなく)と実感です。
日本のタイ料理店さんはまだまだカオホムマリ(ジャスミンライス)を使う店は少ないみたいで寂しいかぎりです。
Posted by エスニカン at 2005年12月07日 22:47
エスニカンさま、いいですね〜。
お仕事とはいえ、イサーン料理にはたくさんありつけたことと思います!
うらやましい!
ナムトックやサイウアにカオニャオ・・・なんていうランチだったりしたのでしょうか?
(ランチはもっと軽いですよね?イェンタフォーとか?)
私もイサーンのおいしいお米食べたいです。
Posted by じゅん at 2005年12月08日 09:35
イサーン料理〜。実は欧米の取材関係者が多かったので、辛さ控えめ〜(マイ・ペッのほうがじゅんさんなら通じますか)。残念でした。

でもカオ系デザートなどは堪能しました。ラープもムリやり作ってもらったり。訪問した小中学校の子供達の、のどかで豊かな表情が印象的でした。

追ってブログにあげますので、お時間ありましたらのぞいてやってください。
Posted by エスニカン at 2005年12月08日 15:58
はじめまして。
カプサイシンが必須栄養素です。

タイ料理、
船橋のアユタヤさん
錦糸町のパッタマーさん
はいかがでしょうか?
私がタイ国をぶらぶらしていたときに食べていた味ととても近いと思います。
Posted by ぺんきち at 2006年06月09日 10:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/9771425
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。