2008年02月13日

恒例の贅沢なおよばれで堪能するイタリアン  K家のイタリアンランチ

食べるために生きている・・・、食べることが大好きな私junがおいしいものを紹介します。

毎度毎度、ほんとに贅沢なおもてなしで迎えてくださるK夫妻。

いつもいつも、ものすごい贅沢なお料理、ランチにいただくのですよぴかぴか(新しい) ディナーでなく!

今回も、満腹になっておいとましたのが夜三日月

ご主人に食材のこととか料理のこととか、いろいろ貴重なはなしを教えてもらえるのも楽しくてしょうがありません!

この、おいしくて楽しいひととき。
何日も前から楽しみにしちゃって、前日は眠れないほど。
遠足か…?!

それではお料理を紹介します。

左から、

わかさぎのエスカベッシュ
京菜のキッシュ
海老とアボカドのマヨネーズ和え


日下部3種前菜.jpg
今回のキッシュも奥様のお手製。
奥様のお父さんが畑で作った京菜が入ってます。

実は、キッシュ、お土産でいただいて帰り、次の日の朝食にしましたが、ほんとにおいしいんです。
彼女の田舎風パテの大ファンの私ですが、このキッシュも大好きになりました。

ブイヤベース

日下部ブイヤベース.jpg

見るからに贅沢なブイヤベース。
大好きな海老が並んだその下には、ムール貝やめばるや鱈に、かぶ、キャベツ、にんじんなど畑のお野菜がぎっしり。

日下部ブイヤベースアップ.jpg

魚介のダシが野菜によ〜〜くしみて、あたたまりまするんるん
贅沢な冬のご馳走です!

骨付き鶏肉のコンフィ フォンドボーと粒マスタードのソース

日下部コンフィ.jpg

こちらはなんと、5日前にマリネして、4日前から火を入れてじっくり油で煮たそうです。
4日前にメールしたとき、K家の中はコンフィの香りがただよってる〜、って言ってましたぴかぴか(新しい)
そんなに手がこんでるだけあって、香ばしい皮が最高でした揺れるハート
毎度おなじみ、お父さんの畑のちりめんキャベツとベーコンとレンズ豆の上に鶏肉がのってます。

日下部コンフィアップ.jpg

すでに日が暮れて、お腹ははちきれんばかりだったけど、
食いしん坊の私のために、作ってくれたのはこちら。

ブロッコリーのオレキエッテ

日下部パスタ.jpg

これも絶品ー(長音記号1)! 
お腹いっぱいだったはずなのに、なんでこんなに食べられちゃうの?というくらい、とまらないパスタ。
このブロッコリーがまたほんのり甘みがあって、すごくクリーミーに。
この料理も忘れられない味となりました。
ブロッコリーもちろんお父さんの畑のもの。

お土産に、無農薬のおいしいお野菜をたっぷりいただいて帰りました。
安心でおいしい最高のお野菜です。
翌日、さっそくスープにしたら、どれも甘くて野菜本来の味を楽しめました。

こちらはバローナという最高級チョコレート。
65%ピュアカライブです。
バローナを使ったケーキは食べたことがあったけど、
もとのものは初めて! かけらをいただきました。
少し酸味が感じられてさすが最高級!という感じ。
日下部バローナ.jpg

すっかりリラックスして、おいしいお料理に舌鼓をうち、ほんとに幸せな1日となりました。
日ごろのストレス(ストレスなんてあったっけ…?)なんていっぺんにふっとぶ、居心地のいい1日となりました。

ほんと、ありがたいですぴかぴか(新しい)

そして、最後に、無農薬のお野菜などのいい食材に恵まれ、それを二人で料理して、一緒にワインを楽しむ…そんな理想の夫婦を私はとってもうらやましく思います。

私にもいつかそういう伴侶が見つかりますように…。
…あ、来世に期待しますあせあせ(飛び散る汗)



BELIVA-120・60.gif


posted by jun at 14:59| Comment(0) | TrackBack(0) | イタリアン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。