2006年03月15日

あのブランジェ浅野屋系列のイタリアン  「CEPPINO チェッピーノ」四谷三丁目

食べるために生きている・・・、食べることが大好きな私junがおいしいものを紹介します。

ワイン専門雑誌の編集をしてる友人Yに連れられて行ってきたのが、四谷三丁目の隠れ家的なレストラン「チェッピーノ」。

彼女にくっついてくと、必ずおいしいワインにありつけるのだるんるん

1階はあの「ブランジェ浅野屋 四谷店」。
軽井沢銀座に行くと、パン党でなくてもつい買っちゃう、あの有名パン屋さんです。

そう、ここは浅野屋系列のレストランだそう。

こんなところに、こんなに落ち着けるお店があるなんて!・・・という感じで、店内は静かでした。

道路側に窓がないのが気になったけど。

窓、太陽、光が大好きな私にしてみると、ちょっぴり閉塞感があったかな。
夜だからいいけどね。

いつもワイン選びはYにおまかせしちゃいま〜す手(チョキ)

この白ワインはノジオーラという土着品種だそう。

造り手はポイエル・エ・サンドリ

よく聞くよね!楽しみぴかぴか(新しい)
ちなみに、このワインラベル、あとでシートにしてくれました。
チェッピーノ白ワイン.jpg

プリフィックスコースA 4,725円にしました。
まずはアミューズ。
チェッピーノ前菜.jpg

アンティパストは
「伊達鶏のレバーとフォアグラのパテ ハチミツとライムソース」
チェッピーノテリーヌ.jpg

プリモピアットは
「フレッシュトマト タコと海の幸のタリオリーニ」
チェッピーノたこのトルテリーニ.jpg

セコンドピアットは
「佐賀牛サーロインのソテー エシャロットと赤ワインソース」
チェッピーノ牛ヒレ.jpg

Yちゃんのセコンドピアットは
「いろんなお肉と野菜のボッリートミスト」
チェッピーノマこみ.jpg

ドルチェ
チェッピーノドルチェ.jpg

すべておいしかったんだけど、Yちゃんとごはん食べるといつも話しに夢中になって、味をあんまり覚えてない・・・あせあせ(飛び散る汗)

でも、確かにすべておいしかったですっ。

そして何より、お店の方がとっても親切に色々教えてくれました。
決して押し付けがましくなく!(←これ重要)

ほかにお客さんがひとりもいなかったのが気になったけど。

今後のお店の存続を心配しちゃうよたらーっ(汗)

確かに四谷三丁目っていう場所がもったいない感じはしたなぁ。


【限定:8月末まで】100%ホーディア(ホーディア)ゴルドニーを使用した「ブッシュマンダイエット」は食べ過ぎを抑えて少量で充分な満腹・満足感を得られます。 *この料率は8月31日迄限定です。




posted by jun at 12:02| Comment(0) | TrackBack(0) | イタリアン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。