2006年01月30日

有名イタリアンの料理人が作る休日ランチとは・・・?

食べるために生きている・・・、食べることが大好きな私junがおいしいものを紹介します。

「牡蠣がたくさん届いたから牡蠣パーティをするよ」というお誘いを受け、隣駅に住む新婚夫婦のお宅へお邪魔してきました。(2005年7月15日記事「おうちイタリアン」参照)

二人とも平日に冬なのに「夏期休暇」ならぬ「牡蠣休暇」をとって (やばいあせあせ(飛び散る汗)おやじギャグ・・・)、招待してくれましたぴかぴか(新しい)

牡蠣もワインもドルチェもあるから手ぶらで来てね〜、なんて嬉しいこと言われたので、日持ちのするケーキを焼いて、お花と一緒に持って行きましたるんるんウキウキ黒ハート

去年の10月くらいに、牡蠣をワイヤーごと購入したそう。
広島から来た牡蠣は、殻をはずしてきれいに並べられていました。
日下部オイスター.jpg

まずはシャブリで乾杯ぴかぴか(新しい) (このあとあんなに開けることになるとは・・・)
日下部ワイン3.jpg

私の好きなフォカッチャを用意してくれてましたぁるんるん
日下部パン.jpg

こちらは奥様が作ってくれたアボカドと魚介のタルタル。
食卓にこんなのが出てきたら感動ですよねぴかぴか(新しい) 今度挑戦してみるかなぁ・・・。
日下部タルタル.jpg

ごぼうのスープ。
ごぼうの香ばしさがとっても新鮮でクリーミーなおいしさ。激ウマ。
今もよみがえる味ぴかぴか(新しい)
日下部ごぼうスープ.jpg

プッタネスカ。オリーブとケッパーの酸味がさわやかな、「娼婦の」パスタ。
日下部プッタネスカ.jpg

からすみ。こんなにスライスしてあります。一体いくらするんだ?
日下部からすみ.jpg

からすみのスパゲティ。
下の白いソースは濃厚で激ウマだったので、正体を聞いてみると、長ネギと玉ねぎで作ったソースとのこと。長ネギは本当はポワローを使いたかったそう。
ひゃ〜、長ネギと玉ねぎでこんなにおいしくなるんだ!
これが、からすみの塩辛さとあいまって、絶妙なコンビネーションに。
絶品です。
日下部からすみパスタ.jpg

しこんであった豚肉を見つけましたるんるん 胸が高鳴る〜〜〜揺れるハート
日下部肉しこみ.jpg

こちらが豚肉のロティです! ルッコラが飾られたこちらの「ロティ」とはゆっくり焼く・・・みたいな意味だそうです。
いろんなハーブで焼いてあります。どんどん進んじゃう〜るんるん
日下部豚肉ロティ.jpg

日下部ロティアップ.jpg

ドルチェ。手前右がごまとココナッツのブラマンジェ。これがまた、最高においしい。
もっともっと食べた〜〜い黒ハート
手前のジャムは奥様のお母さん手作りのカリンジャム。
(ちなみに左上は、私の焼いたパインとりんごとくるみのケーキ)
日下部ドルチェ.jpg

ず〜〜っとワインを飲み続けている私のために、おいしいチーズが!
とろけそうなカマンベールはつぶして、焼いたバゲットにつけて食べます!
日下部チーズ.jpg

気付いたんだけど、4人でこんなに飲んだ????ってくらい、たくさんワイン開けてました。私、相当飲みすぎちゃったみたいです・・・。
だってワインセラーからたくさん持って来てくれちゃうんだも〜〜んあせあせ(飛び散る汗)
数々の貴重なワインを開けて、飲み比べ大会みたいなことになっちゃいましたよ。

こちらはスペインの赤ワイン。HIGUERUELA。
ご夫婦はスペインのワインが最近お気に入りだそう。
日下部ワイン4.jpg

これは1977年の赤ワイン。深くて重くてすごい飲みごたえのある貴重なワイン。
「私が○歳のときのワインだぁ〜」なんて盛り上がりました。
日下部ワイン2.jpg

こちらは、ご主人がずっと飲みたかったワイン。GAVIと書いてあります。
日下部白ワイン1.jpg

ごめんなさい。この辺覚えてません。でも確かに飲んだんです、赤ワイン。
日下部ワイン5.jpg

これは甘くて飲みやすい白ワイン。終盤で開けてもらったことをかすかに覚えています・・・。
日下部ワイン6.jpg

以上、ありえないほどの厚いおもてなしの数々。
ダイニングルームも日当たりがよく、真っ昼間からいただくイタリアンとワインはまったく贅沢の極みでした。
私も家を綺麗に片付けて、おいしい料理を作り、ワインを楽しむ生活を送ろうるんるんなんて思ってしまった、刺激を受けた一日でした。


    
  
 
posted by jun at 11:32| Comment(0) | TrackBack(0) | イタリアン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/12501038
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。