2006年01月27日

おたる寿司 〜「くら寿司」と徹底比較しちゃうよっ〜

食べるために生きている・・・、食べることが大好きな私junがおいしいものを紹介します。

最近、100円回転寿司と言えば「くら寿司」に行く割合が高かったかも?!
今日は、昔よく行っていた「おたる寿司」にひさびさに行ってきました。

そうしたら、じつは「くら寿司」よりもネタが良いかもexclamation&questionという衝撃の事実に気付いてしまったのです。

まずは、赤貝がレギュラーメニューになっていること。(←これ最重要黒ハート
しかも、「くら寿司」でたまに頼めることもある赤貝に比べ、ネタが多いのだ。
多いとはどういうことかというと、赤貝自体はもちろん小さい(100円だから)が、「おたる寿司」のそれにはシャリの上にそのミニ赤貝がなんと二枚載っているのだぴかぴか(新しい)
「くら寿司」の赤貝のいいところは、皿の上に普通の赤貝にぎりがひとつと、ひもの軍艦が載っているものが来ることがたまにある、ということ。
でも「おたる」の方は、確かな満足感が得られることは間違いない。

これが必殺「ミニ赤貝2枚載せにぎり」だぁ〜。
おたる寿司赤貝.jpg

帆立貝。
おたる寿司帆立.jpg

生車海老1貫。
おたる寿司生ヤ海老.jpg

生えび。
おたる寿司生えび.jpg

そして、生うに1貫。
1貫100円なのだからこのお店では、高いものだが、普通のうにとは全然違う。
そりゃあ、久兵衛を引き合いには出さないが、100円でこれが食べられるならいいかな、と。
贅沢(?)に4貫並べてみた。これで400円。
おたる寿司生うに1貫.jpg

真鯛。
おたる寿司真鯛.jpg

煮帆立。
これには甘いタレをつけるのだが、このタレ、テーブルにないから、ぐるぐる回ってくるのを待たなくてはならない。ストレスの元だ。
おたる寿司マ帆立.jpg

ほっき貝。「くら」だとマヨネーズがもれなく載っかってくるので、抵抗のある方多いはず。
「おたる」のほっきは無事でするんるん
おたる寿司ほっき.jpg

とっても大きなトロサーモン。
おたる寿司トロサーモン.jpg

オニオンサーモンもある。
おたる寿司オニオンサーモン.jpg

えんがわ。
おたる寿司えんがわ.jpg

全体的にシャリは大きめである。
もしかして「くら」よりもシャリが大きいかもしれない。
さらに、「くら」よりもわさびが多くて良い。
そういえば「くら」では、わさびが微量しか入ってないため、わさびを別につけて食べるのが常である。
そして、感じたのは「おたる」の方が色々回っていて活気がある、ということ。
気付くと色んな皿が目の前に並んでたり黒ハート
デザートも100円で、思わず「豆乳チーズケーキ」を手にしてしまっていた。
それが、結構軽くていけるのでびっくり。
どうせ、おいしくないかも、と写真撮るのを忘れました。

ということで、回転寿司は「くら」より「おたる」に決定exclamation



   
    


Gift de お花屋さん

posted by jun at 10:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 寿司 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/12350008
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。