2008年11月13日

並んででも食べたい、田舎そばのあのかたさ。 「蕎仙坊(きょうざんぼう)」裾野

食べるために生きている・・・、食べることが大好きな私junがおいしいものを紹介します。

箱根に行った帰り、わざわざ遠回りしてでも行きたくなるお店。
見つけました。

見つけた、というより、グルメな弟夫婦に連れて行ってもらいました!

この贅沢な雰囲気。
わざわざ来たかいがあります。
喬仙坊駐車場から.jpg

喬仙坊道.jpg

喬仙坊店入り口.jpg

せいろと田舎そばの2色天ぷら付き、たしか1470円くらい。
喬仙坊全体.jpg

海老じゃないほうのかぼちゃの天ぷらがあまりに薄くて叫びそうになってしまったけれど、ぐっとこらえて、田舎そばをすすってみました。

わぁお!!!

初めての感覚!!!

ちょっとクセになるかも!!!

このあと、思わず永谷園の「噛む」を買いました。(まだ食べてないけど)

思い出すとまた食べたくなるなぁ。


posted by jun at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 和食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/109629086
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。