2008年07月10日

翌日思い出してまた食べたくなる薬膳油麺 「中国遼菜府(ちゅうごくりょうさいふ)」高津

食べるために生きている・・・、食べることが大好きな私junがおいしいものを紹介します。

ご無沙汰しております。
ちゃんと生きてます。つーか、食べてます。

今日は、グルマンな弟に教えてもらったお店を紹介します。

ずっと説明は受けてたものの、「そんなの、食べてみないとわかんないよ〜」と思いながら、ついにその日を迎えました。

まずは、お持ち帰りにして、ウチで食べました。

私はすすめられるまま、「リョウフウ焼きそば」を。

中国遼菜府焼きそば.jpg

うぅ!おいしい!
予想以上においしい!

聞けば、ここの麺は、注文してから麺を両手で延ばして作るらしく、その工程がガラスの向こうに見えるという。

手延べ麺の、しっかりこしのある太めの麺が、海鮮のうまみと良くまざりあって、ガツガツ食べてしまいます。

そして、もうひとつ。
「薬膳油麺」。

まぁ、薬膳でしょ?
あんまり魅力感じないよねぇ。
薬膳でおいしいわけないでしょ?

…と思いがちじゃないですか!

ところが、これ、クセになるぴかぴか(新しい)

中国遼菜府 パック.jpg

こちらは、パック入りじゃなんだから、器にうつした「薬膳油麺」。

中国遼菜府器にうつした.jpg

こうするとわかるけど、汁なしの油麺なのだ!

チャーシューとネギと大葉とクコの実のタレを豪快に混ぜ込んで、
バクバクと食べたい一品です。

初めて食べて以来、私はこの「薬膳油麺」を頼みます。

ふとしたときにムショウに食べたくなるのです。

(注)私の場合、無性に食べたくなるモノが非常に多くて困ってます。。。

そして、是非頼みたい焼き餃子。
餃子としてはあまり見慣れないユニークな形のこの餃子、食べごたえがあっていい。

中国遼菜府餃子.jpg

いや〜、いいお店見つけてくれたね!

一歩足を踏み入れれば、ほんとに中国の食堂にいるような気になれる、楽しくてうまいお店です。
あの狭さがまたいいんだよね。

posted by jun at 18:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 中華料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。